傷は直したほうがいい?気になる中古車売却と傷について

傷や凹みは車に乗っていれば避けられない

車に乗っていると小さな傷やへこみといった問題は誰にでも起こりうる問題です。

たとえ自分で運転を完璧に気をつけていても車道を走っていれば飛び石などのアクシデントに会う可能性もありますので避けられない問題といってもいいでしょう。

また長く乗っていれば塗装の塗装やその他パーツの劣化などの問題も抱えることになります。

ではこういったトラブルを抱えた状態で中古車として売却する際に気をつけるべき注意点は何か。

査定は減点方式

まず、査定ですが基本的に減点方式で各業者ごとに車種の買い取り価格はある程度決められていますのでそこから状態や年数などを考慮してチェックシートなどを利用して精査します。

そのチェック箇所は多岐に渡りますがここでは傷について触れていきます。

傷があれば減点されますが、この場合はその程度と損傷箇所の数で決まります。

例えば直径6cmの傷なら1万円の減点でその箇所が複数あれば傷の数分といった感じです。

飛び石で窓ガラスに傷が付いていたり、地域によっては例えばひょうなどの被害もありますので査定時に思っていたよりも問題が見つかってしまうこともあります。

細かい傷は気にしなくて大丈夫

傷があれば減点されるとお伝えしましたがそれでも小さな傷、例えば3cmに満たないような傷は減点されない場合が多いです。

結局のところ買取業者は中古車を買い取った後に自社や提携業者にて車を整備に出しますのでそこで直してしまうからです。

そこで小さな傷があったところでそんなにコストもかからないものであれば特に減点する必要もないといいうことです。

ただし、目に見えてわかるような大きな傷があった場合は確実に減点されますがこの場合でもわざわざ修理する必要はありません。

というのも、仮に修理に10万円かかったとしても売却額でそれ以上に取り戻せる可能性は低いからです。

このように明らかに走行に支障が出る場合を除き基本的には中古車として売却する前には修理をする必要はありません。